読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏

このブログは同志社大学自主制作映画サークルF.B.I.の提供でお送りいたします。

後ろから視線を感じたなら、それはBu-Jinです。

こんにちは。貴方の背中をじっと見つめていたい。そんな私、Bu-Jinでございます。

一回生はこの時期本当に大変ですよね。友達、履修、サークルを探し求めてみっちり書類と睨めっこ。混雑したブースでチャラい人々に囲まれて四苦八苦。もう疲れ果て、さっさと家に帰りたくなった。そんな背中をじっと見つめる仕事をしているのが私です。

それでも興味のあるサークルのお花見や新歓には行っておきたい。多分そう思ってますよね。この日記をじっと見ているならF.B.I.にも興味を持ってしまったのでしょうか。それはとても嬉しいですね。そんな貴方に新歓を楽しく乗りこなすちょっとしたコツをお教えします。

一つ目。飲んでも飲まれるな。

これはとても大切です。楽しく過ごすには何事も適量。調子に乗って飲み過ぎてはいけません。ましてや飲めるアピールなどもってのほか。飲まされるところは阿保みたいに飲まされます。貴方が飲めば飲むほど、あなたの気になる女性、男性は離れていってしまうのです。自分を見失ってはいけません。F.B.I.はゆっとりしてるので心配無用です。

二つ目。先輩を食虫植物だと思え。

これは少し難しいかもしれません。つまり先輩たちに気を許してはいけないということです。特にイベサーとか。彼らは植物の振りをしてバクッと貴方を食べるのです。おお、怖い!食われたら最後、じっくりねっとり溶かされていくのです。とてもキショクワルイですね。そんなことにならないためにも、気をしっかり持つことが大切です。甘い密だけ吸うのです。F.B.Iは雑草しか生えてないので刈り取ってください。

三つ目。帰りは幽霊に気をつけよ。

新歓とかの後は帰りが遅くなりますね。そんな時、あなたは得体の知れないものを見てしまうかもしれません。私は見ました。光る火の玉を。しかもすごい速い!だんだんに近づいてくる!びっくりですね。いい気分が台無しです。なんのこっちゃと思うかもしれませんが、夜道に気をつけようということです。この御時世なにがあるかわかりませんから。F.B.Iは元々妖怪がいるので安心してください。

どうでしょうか?これで素晴らしい新歓LIFEが送れますね。よかったよかった。それでは、明日のお花見、そして新歓でじっと見つめている私に気づいてくれることを楽しみにしています。ばいばーい。